情報局よろず屋

いろいろ役に立つ情報を提供します。

マナー

喪中はがきの文例。夫婦連名の場合、義父・義母の表現は?

投稿日:

夫婦連名の場合、実父なのに義父と書く場合もある


喪中である場合は礼儀として喪中はがきを出す必要があります。

喪中はがきの文例はたくさんありますが、
亡くなったひとの続柄(つづきがら)が義父や義母の場合、
どのように書くのか(特に夫婦連名の場合)わからなかったので、
調べてみました。

スポンサードリンク







基本的な考え方

夫婦連名で出す場合の続柄は、差出人の一人目の方からみた書き方とします。

配偶者の父親を「義父」母親を「義母」で問題ありません。

夫が妻の父親を「岳父」と書くこともありますが、
使い方にクセがあるのでよく調べて使ってください。

分かりやすい表現は、「妻の父 田中一郎が~」とどちらの親かを明示しフルネームで書くことです。

文例

1)亡くなった方が、妻の父で田中和夫 さん
夫婦連名が佐藤浩二・さつき さん の場合

喪中につき新年のご挨拶を
  失礼させていただきます
 義父 田中和夫が七月十九日に九十六歳で永眠しました
 ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
 明年にも変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成二十九年十二月

     佐藤 浩二
        さつき

2)亡くなった方が、妻の父で田中和夫 さんと
夫の父で佐藤義久さん、
夫婦連名が佐藤浩二・さつき さん の場合

喪中につき新年のご挨拶を
  失礼させていただきます
 義父 田中和夫が七月十九日に九十六歳
 父  佐藤義久が八月五日に九十八歳で永眠しました
 ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
 明年にも変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成二十九年十二月

     佐藤 浩二
        さつき

・故人をふたり並べる場合は、先に亡くなった方を先に書くようにします。

スポンサードリンク



喪中はがきの知識

喪中はがきの考え方

通常、親・兄弟・子供などが年内に亡くなった場合は、
「喪中なので、年賀状は出せません」という知らせ、
喪中欠礼はがき」を出します。
これが、喪中はがきの基本的な考え方です。

誰が亡くなったときに出す?

※二親等以内の親族が一般的な範囲です。
・一親等以内:配偶者、父母、子
・生計を共にしている二親等:祖父母、孫、兄弟姉妹
ただし、この考え方でいえば、生計を別にする兄弟は入らなくなってしまいますが、
兄弟姉妹が亡くなった場合は、喪中はがきを出す場合が多いようです

いつ出す?

年賀状を辞退する・出さないことを先方に伝えるわけですから、
11月~12月初旬には届くように出しましょう。

切手について


弔事用の切手(62円)がありますので、
喪中はがきにはこれを使いましょう。

スポンサードリンク







-マナー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした